レビュー

グロッケンシュピールの魅力

蕎麦屋巡りが趣味の僕がここの蕎麦にハマり、特別なものと考えている理由は…やっぱり他の店では味わえない、体中の血が活き活きとキレイになるような感覚。
ここの蕎麦を頂くときは、一口一口に全神経が集中され、スローモーションになります。

glockenspiel

glockenspiel

魅力① 冷たさ

最初に箸で持ち上げた瞬間の蕎麦のしなりと重み、そして最初に口に含んだ瞬間に分かる!しっかりと氷水で冷やした蕎麦のハリと締まり。

魅力② 舌触り

その締まった蕎麦の切り口(四隅のエッジ)は鋭く、舌に乗せた際に一本一本の蕎麦の活きの良さを感じる。

魅力③ 喉越し

そのまま、ずずっと飲み込む。すると、活き活きとした蕎麦がぎゅんぎゅんと力強く喉を押し広げてくる。舌触りだけでなく、喉を通り過ぎる瞬間にも一本一本の蕎麦を感じられる。もちろん単に硬いというわけでなく、あくまでみずみずしく、セクシーに(笑


越前おろし蕎麦巡りの旅

グロッケンシュピールで越前そばの美味しさを知り、早速、福井そば旅行に行ってみました。
越前おろし蕎麦の名店と言われる森六、三井屋をはじめ、福井市内、鯖江周辺の蕎麦屋さんを巡りましたが、一口に越前そばといっても個性派揃いで多種多様。単に越前そばだから、ではなく、グロッケンシュピールだから美味しいと実感。

本場仕込みの本格手打ち

ご主人は福井の蕎麦名人に師事。奥様の営む1985年開業の喫茶店に2003年から蕎麦を出し始めたそうです。店内にある蕎麦打ち台で、毎朝蕎麦を打っておられます。(ただこのご主人、営業中のお店にはいらっしゃらないため年に1度くらいしか出会わないレアな存在。)
ブレンドしない生産者指定の蕎麦粉を福井より産地直送した、コシの強い二八蕎麦。つゆは昆布とカツオの絶妙な合わせだし。しっかりと本格の蕎麦です。喫茶店がついでに出す蕎麦ではありません。

glockenspiel

glockenspiel

…え~?ここが蕎麦屋ぁ?などと訝しげに通り過ぎず、是非是非、足を踏み入れてみて下さい。
(管理人:TAGURI)